育毛の原因と対策

育毛ケアの基本はまず洗髪です。最初に軽くブラッシングして、ぬるま湯でざっと髪を洗います。熱すぎるお湯は油分を摂りすぎてしまいます。シャンプーは泡立ててから、刺激に強い後頭部からつけていきましょう。地肌をマッサージするように指の腹を使いましょう。髪の毛を擦り合わせないでください。ぬるめのお湯でよく洗い流しましょう。リンスやトリートメントを髪の毛につけた後よくすすぎます。

食生活ではアミノ酸を摂りましょう。大豆類がいいでしょう。抜け毛に影響する男性ホルモンを大豆イソフラボンが抑えてくれます。納豆に含まれる納豆キナーゼが血流をよくするので、毛根に栄養が行き渡ります。青魚には血液をさらりとさせる多価不飽和脂肪酸が含まれます。EPAは発毛によいそうです。育毛に効果的な亜鉛も入っています。抹茶や緑茶にも入っています。亜鉛はタンパク質の合成に関与します。毛母細胞の細胞分裂の働きを促進します。亜鉛はお茶や牛乳と飲むと吸収が悪くなります。

ゲルマニウムにも育毛効果があるようです。しいたけ・きのこ・ハチミツ・クコ・ウド等に含まれます。

海藻類にはヨウ素が含まれています。ヨウ素は育毛に効果があると言われています

乾燥コンブ・乾燥ワカメ・乾燥ヒジキに多いそうです。また山芋やオクラ、ナメコといった粘る食材にもヨウ素がはいっています。

皮脂を分泌する油ものや甘いモノ、炭水化物の摂りすぎに注意しましょう。飲酒も適度にしましょう。ファーストフードやインステント食品、たばこを控えましょう。

栄養バランスが乱れている人は、栄養をサプリメントで補うこともよいです。

ノコギリヤシのサプリメントは育毛に有効です。男性ホルモンのDHTの生成を抑えて脱毛の進行を止めます。

パパイヤやキウイ、アボガド等は酵素が豊富です。酵素は育毛に効果的です。熟した果実ほど酵素が多いです。できれば食前に食べたほうが効果的です。

唐辛子に含まれるカプサイシンは毛根を活性化するそうです。

育毛剤を使用するにも食事があってこそです。バランスのよい食事をしないと、育毛剤の効果が発揮されません。

代謝とは細胞が生まれ変わること。代謝が悪くなっていると脱毛になりやすくなります。食事・運動・睡眠について見直してみましょう。代謝をよくするのに半身浴がおすすめです。生姜紅茶を飲むと同じような効果があります。体温をあげて血液循環をよくすることは育毛にいいです。

 

タグ

2012年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛

このページの先頭へ