育毛剤の種類

育毛剤には男性ホルモン抑制タイプがあります。ほとんどの薄毛の原因といえるそうです。
あとは頭皮の血行が悪くて抜け毛が増える人がいます。マッサージも併用しましょう。
弱っている毛根に栄養を直接働きかけるタイプの育毛剤もあります。毛穴が汚れる原因の皮脂を抑えるタイプもあります。頭皮を清にして育毛を促進しましょう。あとは生活環境を整えて体内環境をよくしましょう。育毛剤はいろいろな種類があるので迷いやすいです。直接毛母細胞に働きかけるのが外用タイプの育毛剤です。頭皮の改善が期待できる育毛剤です。

事前に育毛シャンプーで頭皮を清潔にしてから、頭皮に刷り込んでください。毛母細胞に内側から働きかけるのが内服タイプです。効果は外用タイプより高いといわれています。副作用のある場合もあるので注意が必要です。育毛シャンプーと育毛トリートメントにチェンジする方法もあります。さらにその後で育毛剤を利用する場合もあります。内服タイプと併用がより効果的です。
毛穴の汚れを充分に取って、育毛剤が奥まで浸透するようにしましょう。

女性に多い薄毛はびまん性脱毛症です。頭髪全体が均等に脱毛する症状です。男性型脱毛症とは違う抜け方です。あと出産後女性ホルモンの低下で薄毛になるケースがあります。分娩後脱毛症です。最近は女性専用育毛剤が発売されています。ですが脱毛は個人によって違いますので、医療機関で診断されることをオススメします。育毛剤は年々進化しています。有名な大正製薬のミノキシジル配合の外用育毛剤のリアップは大きな売り上げを上げていますが、人によっては効果のない人もいます。ですから自分に合った育毛剤を選ぶことが重要なんです。

育毛剤の効果が表れるには最低6か月はかかるといわれます。ミノキシジルの育毛効果をあげるには、経口育毛剤のフィナステリドとの併用がいいといわれています。薬品名のプロペシアと言うと、効いたことがあると思います。プロペシアは医師の診断・処方がないと入手できません。プロペシアの副作用としては、性欲減退や胃の不快感が報告されています。ミノキシジルの方が副作用が強いので、配合率を1%に抑えています。副作用といっても頭皮のかゆみくらいだそうです。商品によっては10%以上配合されたものもあります。当然副作用は強くなります。もしそのような育毛剤を使って副作用が出たら、医師に相談してください。医薬品ですから、ちゃんと用法を守ればそう心配はありません。

タグ

2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛剤

このページの先頭へ