薄毛の原因

薄毛はストレスと密接な関係にあります。薄毛には冷え性も影響するそうです。

冷え性は適度な運動と、食事、半身浴などで改善しましょう。

男性ホルモンが毛根細胞を委縮させて、抜け落ちる原因になります。

遺伝という要因も確かにあるようです。栄養も必要です。タバコのニコチンは血流を悪くします。髪や頭皮は清潔に。頭皮を蒸れやすくするのも避けましょう。薄毛の原因は個別に病院で調べることもできます。男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうか。ストレスの状態はどうか。髪の毛の健康状態はどうか、等です。30代以上からの症状が多い、男性型脱毛症です。頭頂部や生え際が多いです。男性ホルモンと密接な関係があります。円形脱毛症はどの人にも起こりえます。急に起こります。ストレスや免疫機能と関係があるようです。

マラセチア菌が増殖しておこるのが、脂漏性温疹です。ふけや痒みを伴います。

子供に多いクセが抜毛症です。無意識に毛を抜いてしまいます。

また病気や、妊娠後の女性に薄毛がみられることがあります。妊娠後はホルモンバランスが乱れるので、時間が経つと元に戻ります。

食事で気をつけたいものは、たんぱく質とミネラル・ビタミンです。

肉・魚・卵・豆腐がいいでしょう。きちんと噛んで、バランスよく食べましょう。体にいいことは髪にもいいと考えましょう。ハゲやすい人は頭皮も固いです。頭皮マッサージをしましょう。

紫外線が強い日は帽子をかぶりましょう。毛乳頭の栄養状態をよくすることが鍵です。休止期に入った髪の毛は通常、1日50~100本が抜け落ちます。

分け目がいつも同じだと、そこばかり負担がかかり薄毛にリスクが高まります。

ワカメや昆布はハゲに効くと、いわれていますが、根拠はありません。ただミネラルを摂取できるので、栄養バランスの観点ではいいです。薄毛は遺伝の要素は否定できませんが、生活習慣をよくすることが大切です。

夏は要注意です。汗や皮脂が出て毛穴を詰まりやすくします。地肌を清潔にしておくことが、薄毛対策に大切です。シャンプー前には軽くブラッシングしましょう。そしてぬるま湯で軽くゆすぎます。シャンプーは手の平で泡立ててから髪に乗せましょう。地肌は指の腹を使いましょう。地肌にシャンプーが残らないように、たっぷりの湯ですすぎましょう。リンスかトリートメントそましょう。お肌と一緒で、乾燥すると過剰な皮脂を皮膚が出します。タオルで水分を取り、自然乾燥後、ドライヤーで乾かしましょう。

タグ

2012年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薄毛

このページの先頭へ