安全な育毛シャンプー

石油系界面活性剤を使用していない育毛しゃんぷーを使いましょう。私は薄毛対策のため以前完全無添加で、例え食べても安全と言われて購入した、アメリカ製で評判の育毛シャンプーを使っていました。口コミではかなりの人が育毛に成功したようです。私は長く使わなかったので効果のほどは言えませんが、それでもその時期の抜け毛は減っていたように感じます。

ある程度の効果を得るには個人差があるので、長く使わないといけません。もしかしたらあきらめて辞めた後から生えてきたということもあるかも知れないですし。

ただ効果のありそうな成分だけが強調されますが、ケミカル成分が入っている製品がおおいです。まず何が入っているか確かめて、安全な製品の中で効果がありそうな育毛剤を選びましょう。

なかなか難しいですが、インターネットには体験社の生の声を拾えるので参考になりますね。

大体大手メーカーの製造方式はDAT方式です。これは油と水に合成界面活性剤を加えて、

色素・香料・防腐剤などを加える方法です。大量生産できるというメリットがあります。

企業からしてみたらしょうがないことかも知れませんが、消費者のことは考えていませんね。

皆さんも安全効果のある育毛剤を選ぶ目を養ってくださいね。

使用期限が短い製品を選ぶのも参考になります。それだけ少ない防腐剤(パラベン)使用に留めているからです。髪はケラチンというタンパク質で出来ています。これは爪と同じ成分です。ですから髪にはアミノ酸を補給することがいいと分かります。

プロティンがはいったシャンプーは有効のようです。低刺激なアミノ酸シャンプーも肌にやさしいです。髪と地肌には適度なうるおいが必要です。ケミカル入りの強い洗浄力のシャンプーは頭皮に必要なモノまで洗浄してしまい、乾燥を招くので注意しましょう。

キューティクルを保護するためにもアミノ酸シャンプーをおすすめします。

当然生活習慣を見直さなければなりません。皮膚の延長線上に髪があります。体全部が繋がっているのですから、健康的な習慣という基本的なことはおろそかにしないようにしましょう。

洗髪の際強くごしごしこすることは髪にダメージがあります。私も汚れがよく落ちるような気がしてよくやっていました。シャンプー剤の洗い残しがないように、すすぎはしっかり行いましょう。シャンプー前に髪を素洗いしておきましょう。事前にシャンプーは手で泡立てておきましょう。私は手に乗せたあと泡立てていませんでした。いけませんね。

タグ

2012年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:育毛剤

若ハゲの悩みについて

私は若い頃から髪の抜け毛に悩んできました。朝起きて枕に10本以上の抜け毛があるのを見ては心のそこからおののいていました。同級生には私ほどハゲている人はいなかったので、本当に情けなく、家から外にでるのも嫌な日が続きました。でも、教師になる夢があったので、どうしても学校には通わなければなりませんでした。そこで、まずは、ワカメを食べることからはじめました。ワカメは本当に効果があるらしく、その時父もはげかけてきたのですが、親子そろってワカメを食べ続けたら少しですが、髪の毛が太くなり、コシがある髪の毛になったことを覚えています。母もワカメのおかげで白髪が黒くなったのも覚えています。

でもワカメだけでは、発毛効果があまりなかったので、次には育毛剤に手をつけました。最初に使ったのはカロヤンアポジカでした。カロヤンアポジカは3ヶ月使ったのですが、全然効果がなくて、返金保証制度もなかったので、まるまる損をして悔しい思いをしました。次に使ったのがリアップです。リアップの中でも特に薬剤師の許可が必要なものを選んだので、効果はかなりありました。3ヶ月で産毛が生え始め、1年後にはかなり髪の毛が生えてきました。そこでもうこれで抜け毛には悩まされることはないとおもっていたら、また抜けはじめたのです。

私は念願の教師になったのですが、教師の仕事は授業が1割だけで、あとの9割は部活指導や生徒指導、会議や研修など、私のやりたかったものとは全然違っていました。当時女子高生の間でルーズソックスがはやっていたので、それを取り締まる生活指導課に回された私は、毎日女子高生からルーズソックスを取り上げる仕事をしなければなりませんでした。私自身は、女子高生のルーズソックスなんて可愛いもんじゃないかと思っていたのでこの仕事はかなり嫌でした。また、家出をした生徒がいると、夜中でもたたきおこされ、警察に赴かなくてはならないことがしばしばありました。24時間365日まじめな教員をしているのは本当にしんどく、つらい思いをしました。そのせいか、また26歳の頃から髪の毛が抜け始めました。原因は仕事によるストレスとしか考えられません。そのときもリアップに頼ったのですが、今度はなかなか生えてこず、かなり薄くなりました。髪の毛が抜けるだけではなく、本当に毎日過酷な仕事だったので、過労で倒れ、そのまま入院。そして退職しました。そのときまたリアップを使ったのですが、今度は仕事のストレスがなかったので、また3ヶ月くらいして髪の毛が生えてきました。かなりリアップは効果があるのだとわかりました。

今、私は40歳ですが、ストレスの少ない在宅ワークをしています。だから髪の毛が抜けることはないだろうと思っていたのですが、また最近抜け始めました。原因は、精神科から処方される薬の副作用によるものでした。あまりに抜けるので、医者に駆け込んだところ、薬の副作用だと分かったのです。道理でリアップも効かなかったわけです。そこで今服用しているのが、AGA対策のプロペシアです。プロペシアは、前立腺がんの医薬品として開発された医薬品だったのが、副作用として発毛効果があったので、新たに育毛剤として医薬品に認められた薬です。錠剤なので、飲みやすく、1日1錠飲めばいいという簡単な方法です。ただ、プロペシアは月に8000円と自腹で払わなければならないので、そこだけが問題です。でもリーブ21などにかかったら100万くらいはすぐに飛んでいくらしいので、月に8000円、年間にしたら96000円の支出は仕方ないと思っています。

このようにはげに悩まされてきた私の人生ですが、これからも抜け毛対策として育毛剤を使って生きたいと思います。それにしてもはげない人はうらやましいですね。

タグ

2012年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:若ハゲ

このページの先頭へ